引っ越し業者の選び方

安心して依頼できる引越し業者

引越しの際、どの引越し業者にお願いするか迷うことがよくあります。引越し業者に依頼する以上、安心して引越しができる業者を選びたいもの。安心して依頼できる引越し業者の判断基準の目安として、国が定めたルールをしっかりと守っているかどうかという点が挙げられます。国土交通省は標準引越運送約款を定めており、この約款に従って、消費者が安心できる引越しサービスを受けられるよう監督を行なっています。

この約款によると、安心して依頼できる判断基準として、
1.引越しの見積もりは基本的に無料であること。
2.お客様との約束を必ず守ること。これには、引越し元の家に引き取りに伺う日時、引越し先の場所へ到着する日時が含まれます。
3.引越し料金はあらかじめ定められた料金表を提示し、お客様の理解を得る。また、引越し業者から内金や手付金が請求されることはありません。
4.お客様都合による引越し日の延期、解約については引越し前日、当日でなければ延期手数料を支払う義務はない。ただし、引越し前日に延期、解約を行った場合、見積もり費用の10%以内で延期手数料が請求されます。また、当日の場合は20%以内で手数料が請求されます。
5.輸送途中に家具や電化製品が破損、故障した場合は引越し業者が修理費用などを支払う。

また、引越し業者は見積もりの際、この約款を提示することが義務付けられていますので、実際に提示があるかどうかも安心して依頼できる引越し業者であるかどうかを見分ける判断基準となります。

引越しの業者選びですが、自分の優先順位が何であるのかによって選び様も変わって参ります。安く済ませることを第一とするか、まるまる任せて自分の時間を確保することを第一とするか、はたまた信頼できる仕事、丁寧...
記事の続きはこちら
お値段を第一に優先するなら、引越し業者を一挙ずらりと並べて吟味できる価格比較サイトが便利です。この価格比較サイトからリンクを辿って見積もり・成約に至ると、いろいろの割引特典が適用されますからなおさらお...
記事の続きはこちら
運送会社は、引越しの価格比較サイトなどには必ずしも出てきません。したがって「運輸、引越し」などのキーワードでサイト検索を行うのが良いでしょう。各運輸会社のホームページ上で簡易見積もりが出来ますし、それ...
記事の続きはこちら
広告を打っている大手引越し業者に依頼するのが、無難な引越しというものですが、これら大手は広告料、営業費用、オリジナル資材の作成費が当然ながら引越し料金のなかに含まれています。抱え込むものが大きいがゆえ...
記事の続きはこちら
やっぱり他の業者にしよう、ということで、いったん取り結んだ契約をキャンセルする場合、何に注意するべきでしょうか。まずキャンセル料ということについて言えば、あまり不安になることはありません。引越し業者の...
記事の続きはこちら
引越しの荷造りをする前に、そもそも転居先の部屋でいまの家具が使えるかどうかを考えなければなりません。いくらいまの部屋で使える品物であっても、転居先では使えずに物置に仕舞い込むか、ゴミとして捨ててしまう...
記事の続きはこちら
引越しの荷造りのコツです。まず小物から。小物のポイントは、何と言っても箱の中にいろいろのものを詰め込んでしまうので、荷ほどきのときに「何をすぐに取り出したいか」「箱に迷いこんでしまったら困るものは何か...
記事の続きはこちら
ダンボールに入るか入らないかの大きな品目については、どうしても傷をつけたくないという場合はビニールや毛布で覆うことになります。しかし一番覆わなければならないのは、その毛布なり布団であったりします。トラ...
記事の続きはこちら
大きめの家具・日用品についても、引越し業者に委ねさえすれば養生・梱包して運んでくれます。タンスや食器棚、書棚などの大きめ家具は、中身を出しておき、引き出しが開かないよう紐で固定するのが良いでしょう。テ...
記事の続きはこちら
いろいろの手続き・準備がおわり、いざ引越し当日。 梱包を業者に委託している場合にはある意味、余裕がありますが、そうでない場合には、慌てずに次の点を確認しましょう。引越し直前まで使用し、なおかつ引越し後...
記事の続きはこちら
引越しの作業中および運送中に、スタッフが家具や物件等に破損を与えた際には、引越運送約款の第22条によって、業者による補償が定められています。ただし補償額に関しては各社各様です。やはり何らかの保険に入っ...
記事の続きはこちら
賃貸物件でありますれば、荷物を運ぶだけで引越しは終わらず、不動産屋や大家さんと、賃貸契約を解消せねばなりません。その解約の仕方については賃貸契約書に記述があるはずです。ひとまず注意せねばならないのが、...
記事の続きはこちら
不動産屋さんに退去日、解約日を伝えると、その同じ会話の中で、あちらから電気、ガス、水道の利用を退去日までに停止して下さいという勧告が言い渡されます。もちろん、大人しくこれに従うほかありません。電気もガ...
記事の続きはこちら
インターネットのプロバイダの移転手続きに関しては、公共料金などの解約手続きなどよりももっと余裕を持って臨んだほうが良いでしょう。ダイヤルアップ回線接続であれば、登録情報の変更といった手短な手続きだけで...
記事の続きはこちら
引越しの際には不動産屋のほうから公共料金の解約及び否が応にも催促されますし、ライフラインですからは転居後の新加入も忘れるということはありません。また転出・転入及び住民票・保険などの役所関係は役所関係と...
記事の続きはこちら
同一市内での引越しであれば転居届、市外への引越しであれば転出/転入届というものを役所に提出することになります。転居、転入届けは、二週間以内に出さねばなりません。なぜなら、過料が発生する旨が規定されてい...
記事の続きはこちら
共同のゴミ置き場のゴミがいつもの数倍の山を成しているようなときは「ああ、誰かが引越しするのだな」と一目で分かるものですが、自分が引越しするときにも案の定、ごみ置き場を賑やかすことになります。自治体の無...
記事の続きはこちら
ここで、自分が引っ越す場合ではなく、自分の知人が引っ越す場合についても考えてみましょう。自分の知人の引越しに自分が関る場面と言えば、その引越しのお手伝いか、もしくは「引越し祝い」を送るという場面です。...
記事の続きはこちら
インターネットの引っ越しは新規契約がお得です。各プロバイダー、回線業者ともに新規顧客獲得のためにお得なプロモーションを大々的に行っています。そのため、引越しに合わせて、インターネットの引越しを行なう場...
記事の続きはこちら
引越しの不用品の処分方法は、大きく分けて3つあります。一つ目は自治体の清掃事業所などに搬送する、二つ目は産廃業者に持ち込む、三つ目はリサイクル業者に引き取ってもらうことです。自治体の清掃事業所に処分を...
記事の続きはこちら
引越しを自分たちで行う場合、引越し用のトラックレンタカーを借りる必要が出てきます。借りる場合に考えたいこととして、レンタカー費用、車の大きさ、用途別の種類の三つがあります。費用は、ボディが大きくなるほ...
記事の続きはこちら
できることなら引越しは費用をかけずに、安心して行ないたいものです。そのため、中には自力での引越しを考える方も多くおられます。引越し業者にお願いせずに行なう大きなメリットとして、費用を節約できるという面...
記事の続きはこちら
引越しでは内金や手付金は払わなくてもOKです。国は、消費者が気持ちの良いサービスを受けられるよう引越し業者に対して標準引越運送約款という約束事を定めており、この約款をしっかりと履行することが引越し業者...
記事の続きはこちら
しつこい引越し業者への断り方には、いくつかの方法があります。一つ目に大切なのが、毅然とした態度です。弱腰な態度や思わせぶりな態度を示すと、引越し業者はこの人は何度も売り込めば契約してくれると考えて、繰...
記事の続きはこちら
引越し業者に見積もりをお願いしたら、その後のしつこい営業や強引な営業で困らせられる。できればこうしたいやな思いはしたくないものです。事前に、引越し業者の営業マンがしつこいかしつこくないかを見分けること...
記事の続きはこちら
引越しの際に引越し業者とのトラブルになるのはできれば避けたいところ。主なトラブルとして、見積もりと請求額が違っていた、引越し先で荷物が破損したものの、業者が補てんしてくれず、自腹を切ることになってしま...
記事の続きはこちら
業者を選ぶなら、引越し会社数社の見積もりが一括で行えるものが良いといえます。複数の見積もりを行うことで、引越し価格の相場が大体見えてきますし、自分の予算にあった最適のプランを見出すことができるからです...
記事の続きはこちら