引越しの不用品の処分

引越しの不用品の処分

引越しの不用品の処分方法は、大きく分けて3つあります。一つ目は自治体の清掃事業所などに搬送する、二つ目は産廃業者に持ち込む、三つ目はリサイクル業者に引き取ってもらうことです。

自治体の清掃事業所に処分を依頼する場合は、まず今住んでいる場所の市役所や役場にごみの搬入についての詳細を問い合わせます。引越しゴミについては有料で引き取る自治体もあり、その場合は費用も少なく場合によっては自宅の近くの収集所まで引取りに来てくれることもあります。自己搬入の場合は、粗大ごみとして引き受けてくれる場合もありますが、多くの場合は分別が定められており、搬入時には処分するごみをしっかりと分けておくことが必要です。自己搬入の場合、原則無料というところもあれば、量によって料金が加算される場合もあります。

二つ目の産廃業者に依頼する場合は分別の必要は特になく、持ち込むことで処理してもらうことができます。ただし、費用が自治体に比べて高額なことが多く、事前に料金を問い合わせておくようにしましょう。そして三つ目の引越しの不用品の処分として、リサイクル業者に引き取ってもらう方法を挙げました。この場合、費用が発生するどころか、逆に買い取ってもらえる場合もあり、その分お得になることもあります。事前にリサイクル業者に問い合わせを行ない、自宅で買い取り費用を見積もってもらえるなら、この場合の搬出はすべてリサイクル業者が行いますので、負担も少なくなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

キャンセルするとき
やっぱり他の業者にしよう、ということで、いったん取り結んだ契約をキャンセルする場合、何に注意するべきでしょうか。まずキャンセル料ということについて言えば、あまり不安になることはありません。引越し業者の... キャンセルするときの続きを読む>
いまの家具は転居先でも使える?
引越しの荷造りをする前に、そもそも転居先の部屋でいまの家具が使えるかどうかを考えなければなりません。いくらいまの部屋で使える品物であっても、転居先では使えずに物置に仕舞い込むか、ゴミとして捨ててしまう... いまの家具は転居先でも使える?の続きを読む>
荷造り術1(小物)
引越しの荷造りのコツです。まず小物から。小物のポイントは、何と言っても箱の中にいろいろのものを詰め込んでしまうので、荷ほどきのときに「何をすぐに取り出したいか」「箱に迷いこんでしまったら困るものは何か... 荷造り術1(小物)の続きを読む>