引越し当日

引越し当日

いろいろの手続き・準備がおわり、いざ引越し当日。 梱包を業者に委託している場合にはある意味、余裕がありますが、そうでない場合には、慌てずに次の点を確認しましょう。引越し直前まで使用し、なおかつ引越し後にもすぐに使用するであろう石鹸類、タオル類、下着類などを荷造りしてしまいましょう。小物は手荷物の中に詰め込みます。
これは賃貸契約上の義務ではありませんが、ひとつの礼儀として引越し後の部屋を清掃しようという場合には、この際に簡単な掃除が出来るような掃除用具を残しておきます。廃棄できる用具であれば最後に梱包する手間はありません。
荷運びの後には、積み残しがないかどうか、とりわけベランダや、備え付け戸棚の奥などを確認し、最後に郵便物も見ておきましょう。部屋から隔たったところにあるために、実は自転車が頻繁に忘れられるそうなので、要注意です。
引越し当日は業者だけではなく、不動産屋さんや大家さん、また電気、ガス、水道の停止手続き及び料金支払いのためにそれらの係員がやってきます。これらの人々と相対する際には、引越しや賃貸などの契約書に記載されていることと、実際の会話の中で口に出てくることとが整合的であるかどうかが重要となります。荷造り・荷運びが終わってひと安心したいところですが、最後の粘りどころとして、しっかりと契約書類を手元に置き、落ち着いて会話に臨みましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

キャンセルするとき
やっぱり他の業者にしよう、ということで、いったん取り結んだ契約をキャンセルする場合、何に注意するべきでしょうか。まずキャンセル料ということについて言えば、あまり不安になることはありません。引越し業者の... キャンセルするときの続きを読む>
いまの家具は転居先でも使える?
引越しの荷造りをする前に、そもそも転居先の部屋でいまの家具が使えるかどうかを考えなければなりません。いくらいまの部屋で使える品物であっても、転居先では使えずに物置に仕舞い込むか、ゴミとして捨ててしまう... いまの家具は転居先でも使える?の続きを読む>
荷造り術1(小物)
引越しの荷造りのコツです。まず小物から。小物のポイントは、何と言っても箱の中にいろいろのものを詰め込んでしまうので、荷ほどきのときに「何をすぐに取り出したいか」「箱に迷いこんでしまったら困るものは何か... 荷造り術1(小物)の続きを読む>