引越しでは内金・手付金は払わなくてもOK

引越しでは内金・手付金は払わなくてもOK

引越しでは内金や手付金は払わなくてもOKです。国は、消費者が気持ちの良いサービスを受けられるよう引越し業者に対して標準引越運送約款という約束事を定めており、この約款をしっかりと履行することが引越し業者には求められています。約款の第二章見積もり第三条第5項には「見積りの際に内金、手付金等を請求しない」と定められており、業者に内金・手付金は払わなくてもOKだということがわかります。

例外として、同じ約款の第4項には、「発送地、また引越し先の下見を行なった場合に限り、下見に要した費用を請求することがある。ただし、この場合は見積もりを行なう前にその金額を申込者に通知し、了承を得る」と定められています。引越し業者が下見を行なった際の諸費用を請求する場合は、あらかじめその旨をお客様に伝えることが定められていますので、内金や手付金と勘違いしないように気を付けましょう。引越し業者は、お客様に標準約款を提示することが義務付けられていますので、この条項が記載されていることも確認しておくのは助けになります。

もし、内金や手付金を請求された場合、間違いなく約款に違反していることになりますから、約款に引越しでは内金・手付金は払わなくてもOKだという記載があることをしっかりと伝えてください。また、そうした業者に依頼するのはすぐにやめましょう。備えあれば患いなしの言葉の通り、引越しの基本的な知識があれば、多くのトラブルを未然に防ぐことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

キャンセルするとき
やっぱり他の業者にしよう、ということで、いったん取り結んだ契約をキャンセルする場合、何に注意するべきでしょうか。まずキャンセル料ということについて言えば、あまり不安になることはありません。引越し業者の... キャンセルするときの続きを読む>
いまの家具は転居先でも使える?
引越しの荷造りをする前に、そもそも転居先の部屋でいまの家具が使えるかどうかを考えなければなりません。いくらいまの部屋で使える品物であっても、転居先では使えずに物置に仕舞い込むか、ゴミとして捨ててしまう... いまの家具は転居先でも使える?の続きを読む>
荷造り術1(小物)
引越しの荷造りのコツです。まず小物から。小物のポイントは、何と言っても箱の中にいろいろのものを詰め込んでしまうので、荷ほどきのときに「何をすぐに取り出したいか」「箱に迷いこんでしまったら困るものは何か... 荷造り術1(小物)の続きを読む>