引越し用のトラックレンタカー

引越し用のトラックレンタカー

引越しを自分たちで行う場合、引越し用のトラックレンタカーを借りる必要が出てきます。借りる場合に考えたいこととして、レンタカー費用、車の大きさ、用途別の種類の三つがあります。費用は、ボディが大きくなるほど費用は高くなり、平ボディか雨除けのホロ付きか、アルミコンテナ付きかによっても費用は異なります。平ボディの場合、高く積み上げることができないため、多くの家具の引っ越しには不向きです。また、雨に降られた場合、作業は難航します。この点、雨除けのホロやアルミコンテナ付きなら安心です。

次に、大きさですが、引越しの際の家具や備品の量によって大きく変わってきます。一人暮らしであれば、軽トラックでも十分かもしれませんが、食器棚やタンスなどを運ぶ場合には容量が足りなくなります。また、2トントラックでもワイドやロングボディなど大きさが異なりますから、事前に引っ越しの際の量を考えてレンタカーを借りるようにしましょう。

用途別で考えていくと、最適なのは、アルミコンテナ付きのトラックです。軽トラックにもこのコンテナがついているものがあります。この場合、周りがアルミコンテナでしっかりおおわれていますので、たんすや食器棚をしっかりと固定し、倒れないようにすることが可能になります。積載できる範囲で、高く積むことができますから、一つのトラックで積める量が多くなります。家族の多い方の引っ越しの場合はこちらを選ぶ方が多いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

キャンセルするとき
やっぱり他の業者にしよう、ということで、いったん取り結んだ契約をキャンセルする場合、何に注意するべきでしょうか。まずキャンセル料ということについて言えば、あまり不安になることはありません。引越し業者の... キャンセルするときの続きを読む>
いまの家具は転居先でも使える?
引越しの荷造りをする前に、そもそも転居先の部屋でいまの家具が使えるかどうかを考えなければなりません。いくらいまの部屋で使える品物であっても、転居先では使えずに物置に仕舞い込むか、ゴミとして捨ててしまう... いまの家具は転居先でも使える?の続きを読む>
荷造り術1(小物)
引越しの荷造りのコツです。まず小物から。小物のポイントは、何と言っても箱の中にいろいろのものを詰め込んでしまうので、荷ほどきのときに「何をすぐに取り出したいか」「箱に迷いこんでしまったら困るものは何か... 荷造り術1(小物)の続きを読む>