引越し業者のしつこい営業

引越し業者のしつこい営業

引越し業者に見積もりをお願いしたら、その後のしつこい営業や強引な営業で困らせられる。できればこうしたいやな思いはしたくないものです。事前に、引越し業者の営業マンがしつこいかしつこくないかを見分けることは困難です。でも、いくつかの営業パターンを知っておけば、しつこい営業をしてくるかどうかをある程度見極めることができます。

その一つは、言葉遣いです。なれなれしい言葉遣いや、早口でまくしたてるような営業マンは信頼できません。お客様のことを考える人は、相手の身になって営業を行なうからです。二つ目は、他の引っ越し業者を誹謗中傷する場合です。顧客が知らないことを良いことに、他社を誹謗中傷することで不安をあおり、しつこく契約を迫ろうとするケースがあります。自分の会社のサービスに自信を持っている営業マンなら、他社の悪口は言わず、むしろ自社の優れているところや、デメリットをしっかりと伝え、顧客を安心させることができます。

三つ目は、顧客の意向を尊重しない営業マン。こちらの都合を無視して、自己都合で見積もりや契約を迫ろうとする場合は気を付ける必要があります。顧客は、引越し業者を選ぶ権利があり、十分に検討したうえで、最適な引っ越し業者を選びたいと願います。顧客を大事にする引越し業者であれば、顧客の意向や希望に沿った提案をしてくれるものです。引越し業者のしつこい営業に困らせられる前に、こうした点を知っておけば、あらかじめ断るべき引越し業者かどうかを見分けることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

キャンセルするとき
やっぱり他の業者にしよう、ということで、いったん取り結んだ契約をキャンセルする場合、何に注意するべきでしょうか。まずキャンセル料ということについて言えば、あまり不安になることはありません。引越し業者の... キャンセルするときの続きを読む>
いまの家具は転居先でも使える?
引越しの荷造りをする前に、そもそも転居先の部屋でいまの家具が使えるかどうかを考えなければなりません。いくらいまの部屋で使える品物であっても、転居先では使えずに物置に仕舞い込むか、ゴミとして捨ててしまう... いまの家具は転居先でも使える?の続きを読む>
荷造り術1(小物)
引越しの荷造りのコツです。まず小物から。小物のポイントは、何と言っても箱の中にいろいろのものを詰め込んでしまうので、荷ほどきのときに「何をすぐに取り出したいか」「箱に迷いこんでしまったら困るものは何か... 荷造り術1(小物)の続きを読む>