不動産契約の解消

不動産契約の解消

賃貸物件でありますれば、荷物を運ぶだけで引越しは終わらず、不動産屋や大家さんと、賃貸契約を解消せねばなりません。その解約の仕方については賃貸契約書に記述があるはずです。ひとまず注意せねばならないのが、何ヶ月前から解約を申し出ねばならないか、ということです。つまりこれは「余分な費用」を支払わずに解約ができる期限と言い換えられましょう。
おおよその物件は、解約日のひと月前に口頭か書面にて退去を通知する必要が御座います。これに従って、1ヶ月前までに通知を行えば、余分な費用というものはかかりません。つまり、家賃支払日から離れた半端な日を退去日とした場合、きちんと通知を行えていれば請求される家賃はその退去日までの日割り額となるということです。いっぽう、通知が遅れて退去の1週間前などに通知をしてしまった場合には、退去日に該当する月の家賃を日割りではなく全額支払わねばなりません(ただし良心的な不動産屋さん・大家さんもあるかも知れません)
解約日を不動産屋さんに通知するときには、大体それと一緒に、引越しによる退去日も伝えることになります。退去日というのは、不動産スタッフなり大家さんなり管理会社なりの立会いの日でもあります。このときに部屋の鍵と合鍵を必ず返却します。一度、不動産屋さんが合鍵の返却を催促して来ず、私もそれに気付かずに本鍵だけ返して退去してしまったことがありましたが、結局後日「返してください」と言われることになり合鍵を郵送することになりました。こういう面倒にならぬためにも合鍵は言われずとも返却しましょう。ちなみに鍵を紛失すると、シリンダーごとの交換となるため存外高額な請求がされますので要注意です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

キャンセルするとき
やっぱり他の業者にしよう、ということで、いったん取り結んだ契約をキャンセルする場合、何に注意するべきでしょうか。まずキャンセル料ということについて言えば、あまり不安になることはありません。引越し業者の... キャンセルするときの続きを読む>
いまの家具は転居先でも使える?
引越しの荷造りをする前に、そもそも転居先の部屋でいまの家具が使えるかどうかを考えなければなりません。いくらいまの部屋で使える品物であっても、転居先では使えずに物置に仕舞い込むか、ゴミとして捨ててしまう... いまの家具は転居先でも使える?の続きを読む>
荷造り術1(小物)
引越しの荷造りのコツです。まず小物から。小物のポイントは、何と言っても箱の中にいろいろのものを詰め込んでしまうので、荷ほどきのときに「何をすぐに取り出したいか」「箱に迷いこんでしまったら困るものは何か... 荷造り術1(小物)の続きを読む>