大きなゴミが出たとき

大きなゴミが出たとき

共同のゴミ置き場のゴミがいつもの数倍の山を成しているようなときは「ああ、誰かが引越しするのだな」と一目で分かるものですが、自分が引越しするときにも案の定、ごみ置き場を賑やかすことになります。
自治体の無料回収に収まる種類のゴミは良いのですが、まずむむっとなるのが粗大ゴミです。これはそれぞれの自治体が品目もしくはサイズによって回収料金を決めています。また、タイヤや消火器、金庫、灯油など、自治体ごとの回収不可品目があります。電話かネットで申し込む際には回収可能品目から選択することになるので、自ずと不可品目が何であるのかがわかります。不可品目については販売店や民間回収業者、あるいは市の環境課に相談しましょう。ちなみに回収可能品目に関しては、民間回収業者よりも自治体のほうが相場として安価で済むようです。また灯油類に関しては購入先で無料で回収してくれることがほとんどでしょう。
同じくぽいと捨てれないのが、家電リサイクル法がその有料回収を定める4品目、すなわちテレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機です。テレビにはブラウン管、液晶、プラズマのどれもが含まれ、洗濯機には乾燥機も含まれます。さらにPCリサイクル法で定められるパソコン類。これらは販売店か民間の回収業者に委託することになります。良心的な大家さんが「置いてって良いよ」と言ってくれる場合を除いて、間違ってもシレっと不法投棄しないように。捨てたとしても、敷地近隣であれば退去日と照らしてすぐに足がつきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

キャンセルするとき
やっぱり他の業者にしよう、ということで、いったん取り結んだ契約をキャンセルする場合、何に注意するべきでしょうか。まずキャンセル料ということについて言えば、あまり不安になることはありません。引越し業者の... キャンセルするときの続きを読む>
いまの家具は転居先でも使える?
引越しの荷造りをする前に、そもそも転居先の部屋でいまの家具が使えるかどうかを考えなければなりません。いくらいまの部屋で使える品物であっても、転居先では使えずに物置に仕舞い込むか、ゴミとして捨ててしまう... いまの家具は転居先でも使える?の続きを読む>
荷造り術1(小物)
引越しの荷造りのコツです。まず小物から。小物のポイントは、何と言っても箱の中にいろいろのものを詰め込んでしまうので、荷ほどきのときに「何をすぐに取り出したいか」「箱に迷いこんでしまったら困るものは何か... 荷造り術1(小物)の続きを読む>