しつこい引越し業者への断り方

しつこい引越し業者への断り方

しつこい引越し業者への断り方には、いくつかの方法があります。一つ目に大切なのが、毅然とした態度です。弱腰な態度や思わせぶりな態度を示すと、引越し業者はこの人は何度も売り込めば契約してくれると考えて、繰り返し勧誘を行ないます。しかし、しっかりと、毅然とした態度で、「お断りします」と相手に伝えると、それ以上踏み込めなくなりますから、営業マンもそれ以上勧誘しても無駄だと感じ勧誘をあきらめます。それでも、勧誘してくるしつこい引越し業者であれば、「他社を契約したので、結構です。」とはっきり伝えましょう。

しつこい引越し業者への断り方の二つ目として、決定権は自分にないことを伝える方法です。「主人がすべて決定しており、今回も主人にすべてお願いしている」ことを伝えましょう。何度も勧誘を仕掛けてきますが、その都度嫌がらずにそのことを伝えてください。「そこを何とか」、「もっと安くするので」などと言われても、ひるまないことです。

しつこい引越し業者への断り方の三つめは、引越し業者のお客様相談センターなどの窓口に、直接クレームを伝えることです。企業側は、営業の基本方針を定めており、営業マンが不当な勧誘行為を行うことで自社のイメージが低くなることを極端に嫌います。しつこい勧誘に関するクレームを引越し業者側に伝えると、しつこい営業行為を是正するよう担当の部署に通達します。クレームを伝える場合、どれほどしつこい勧誘を受けて、どれほどいやな思いをしたかということを率直に伝えましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

キャンセルするとき
やっぱり他の業者にしよう、ということで、いったん取り結んだ契約をキャンセルする場合、何に注意するべきでしょうか。まずキャンセル料ということについて言えば、あまり不安になることはありません。引越し業者の... キャンセルするときの続きを読む>
いまの家具は転居先でも使える?
引越しの荷造りをする前に、そもそも転居先の部屋でいまの家具が使えるかどうかを考えなければなりません。いくらいまの部屋で使える品物であっても、転居先では使えずに物置に仕舞い込むか、ゴミとして捨ててしまう... いまの家具は転居先でも使える?の続きを読む>
荷造り術1(小物)
引越しの荷造りのコツです。まず小物から。小物のポイントは、何と言っても箱の中にいろいろのものを詰め込んでしまうので、荷ほどきのときに「何をすぐに取り出したいか」「箱に迷いこんでしまったら困るものは何か... 荷造り術1(小物)の続きを読む>