キャンセルするとき

キャンセルするとき

やっぱり他の業者にしよう、ということで、いったん取り結んだ契約をキャンセルする場合、何に注意するべきでしょうか。まずキャンセル料ということについて言えば、あまり不安になることはありません。引越し業者のキャンセル料は、業者が勝手に決められるものではなく引越運送約款によってさだめられています。ほぼないケースですが仮に当日キャンセルをしてもせいぜい20%の違約金なのです。しかもあくまで「運賃」に対する割合であることに注意です。すなわち運賃以外の付帯料金などはここに含まれないのです。
また日程などの契約内容の変更についてですが、これはキャンセルとは別扱いであるものの、日程延期に関しては前日・当日の変更についてキャンセル料と同割合の違約金を課す権利を業者は有します。ただしそれは前々日までに業者が見積書の記載内容の変更について荷主に確認を行った場合に限ります。これも約款に記載されていることです。引越しの数日前に業者のほうから引越し内容の確認の連絡が入りますが、あの連絡には単なる確認以上の意味があるのです。これらの違約金はあくまで荷主の自己都合による場合に請求されることになっています。つまり台風などの悪天候や、事故、病気など一意に荷主の自己都合と言えない場合には違約金の支払いは免れる可能性があります。ただしこの当たりの仔細な条件は約款には記載されていないので、トラブルを避けるためには事前に業者に確認をしておくことがベストです。
なお、既にエアコンの取り外しや、有料で提供された資材を使ってしまったなどのオプションサービスの提供後である場合には、その料金は支払わねばなりません。見積もり時に、ダンボールなどの資材をあえて家に置いていく業者もあるそうですが、出来れば断ったほうが良いでしょう。また上記を踏まえれば「手付け金」「予約金」といったものは無効であることがわかります。万が一このような料金を請求してくる業者があれば、悪徳業者と見ておいて間違いありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

地域に特化した業者
広告を打っている大手引越し業者に依頼するのが、無難な引越しというものですが、これら大手は広告料、営業費用、オリジナル資材の作成費が当然ながら引越し料金のなかに含まれています。抱え込むものが大きいがゆえ... 地域に特化した業者の続きを読む>
キャンセルするとき
やっぱり他の業者にしよう、ということで、いったん取り結んだ契約をキャンセルする場合、何に注意するべきでしょうか。まずキャンセル料ということについて言えば、あまり不安になることはありません。引越し業者の... キャンセルするときの続きを読む>
いまの家具は転居先でも使える?
引越しの荷造りをする前に、そもそも転居先の部屋でいまの家具が使えるかどうかを考えなければなりません。いくらいまの部屋で使える品物であっても、転居先では使えずに物置に仕舞い込むか、ゴミとして捨ててしまう... いまの家具は転居先でも使える?の続きを読む>